フジ テレビ メカオヤジ

メカオヤジ、頑張ります!

06 11月

恐竜の思い出

Posted in on 06.11.14

子供にとって、見るモノ聞くモノすべてに興味のある年頃だが、男の子にとって「恐竜」というものは、避けて通れないもののひとつだと思っている。

9.jpg

草食系のトリケラトプスや肉食系のティラノサウルス、翼竜のプテラノドンなど、その昔の姿を百科事典や映画、テレビなどで見るたびに心躍るものだ。

その最高峰ともいえるのは、「ドラえもん のび太の恐竜」だろう。

映画館で見たときは、本当に手に汗を握るストーリーとピー助とのび太の友情など涙なしでは見れない作品でした。

あの作品を見て、首長竜の事を知った小学生はたくさんいたはずです。

一時期、空き地の地面を掘ったり、河原の石をどかしてみたりと化石がないか探したものですが、残念ながら見つけることはできませんでした。

先日、友人たちと食事をしていた時、ジュラシックパークの話になり、昔話をしたところ、化石が見つけるとまではいかないが、もし、大理石で作った建物があれば、是非、見てほしいそうです。

大理石も昔の貝などが沈殿して固まった物なので、よく見ると三葉虫やアンモナイトが見れるそうです。

27 2月

ありがとう

Posted in on 27.02.14

高校同級生にずっと仲良くしている友達は何人がいます。本当にいつ会っても変わらない関係で、人生でとても大切の存在であって、友達より兄弟の感覚でもある。

 

一緒に昔馬鹿をやってきた人たちなので、お互いの成長を見てきて、誰よりも分かり合えるのが私たち。妻にも言えないことやこいつらに吐き出して全然平気。という友人を持つ俺は本当にこいつらに感謝してます。

 

去年、うちには色々があって、体調を崩して、長期的に会社を休むことになった。今振り返っても凹む。あの時、僕は体の病みより精神的に参ってるところがあって、とりあえず、病院を通って、家にこもって、何もすることもなく、何もしたくもなかった。妻は献身的に看病してくれて、文句一つも言わなかった。そういう妻に迷惑をばかりかけた僕は、申し訳なくて、妻が優しくしてくれるほどどんどんネガティブになっていた。

 

その時、高校時代の友人は見舞いにきてくれて、無理やり僕を家から連れ出して、「僕の更生計画」を始めた。山にも行った。海にも行った。お台場合衆国(フジテレビ)のめざましライブのチケットまで調達してくれた。若者の中にぽつんと立った自分がその時、豁然と胸の重りが解けた気がして、楽しい歌の中、涙が自然と出てきた。やつらは、僕を見て、何も言わずにただただ僕の肩を抱き、音楽に合わせて体を揺らすだけだった。

 

ありがとう。千言万語にありがとう。

15 2月

Posted in on 15.02.14

朝トイレに入って、便座に座ると、びっくりするくらい冷たくて、目が覚めてしまった。妻はまた便座温度のスイッチを切ってるんだ。こんな寒い朝に冷たい便座が結構きついです。

 

冷蔵庫を開けるときは3秒ルール。湯船につかるとき風呂の電気を消す。家を出るとき全てのコンセントを抜くとか、うちではこういうのが当たり前のことです。

 

家のことは全部妻に任せているので、あんまり文句言えません。夏は冷房をつかなくたって、扇風機があるから、なんとか忍べるが、冬はさすが部屋の中で厚着するのがしんどいですね。

 

しかし、妻には敵わないので、何も言えません。妻だって血の通った人間だ、寒い思いは同じだ、この家を守ろうとしているのに間違いないのだ。こう思えば、僕は泣きそうです。改めて妻の偉大さを感じております。

 

妻のために、僕はもっと頑張ろう。あえて、冷たい便座で目を覚めさせてくれる妻に感謝です。こんな寒い部屋の中、一日中家事をしてる妻を思えば、切ない気持ちになります。

 

出先は家の近所にあって、妻にお土産でも買っとこう。会社を戻る前に家を寄ることにした。妻の好きな豆大福を持って、玄関を入ったら、あ、あたたかい~

 

妻は、暖房をつけてる部屋のソファーでフジテレビの昼ドラを見ている。

 

部屋があたたかくて、気持良い~気持が良すぎで、僕はまた泣きそうです。

05 2月

寝具

Posted in 未分類 on 05.02.14

先日、早めの昼飯を食べに行ったところ、定食屋のテレビでフジテレビの通販番組で、羽毛布団を紹介していた。


我が家の布団は、僕が高校時代から使っている年期物。


そろそろ、交換の時期かと思っているが、物を捨てられない性格上、非常に悩んでいる。


友人は、ヤフオクで結構いい羽毛布団を格安で入手したらしく、とてもいいと言っていた。


曰く、「軽い」「温かい」


僕の布団は、「重い」「薄い」ってのが問題。


外に干しても、そんなに変わらない様な気がする。


母曰く「近くの布団屋さんに持って行って、打ち直してもらえばいいのよ。」


と、言うのだが、打ち直しの費用が新品買うのと変わらない。


大学で一人暮らしをした時、いつも温めてくれたのは、あの布団。


社会人になりみんなで飲んだ時、雑魚寝をしたあの布団。


あ~捨てられない。


しかし、番組では、日本製の羽毛布団が安いのは今の季節だけ。


決算とかあり、今期中に売りを立てて在庫にしたくないらしい。


柄があるが、友人もヤフオクで落としたのは、バラの模様があったらしいが、シーツを掛けるので柄は、全く関係ないらしい。


ここは、一つ奮発するか!!!


年末の出費が痛い、あれさえなければ買ってもいいのだが、ここは、我慢の子。




20 1月

コーヒー派、お茶派

Posted in 未分類 on 20.01.14

会社勤めをしていると、会社で出される飲み物って基本的には、「コーヒー」だったりする。


しかし、僕は、コーヒーが苦手。


更に、コーヒー後のたばこを吸う人たちの匂いがダメ。


多分、たばこを吸わないので、吸う人に対するちょっとした嫌悪感があるのは、認めざる得ない、それに加えて何故かたばこ好きは、コーヒーが好きだったりする。


その連想が頭にあるので、コーヒーも苦手なんだと思う。


では、社内では何を飲んでいるかと言うと、これが紅茶。


お湯はあるので、インスタントの紅茶を入れて飲んでいる。


不思議な物で、最初は、僕一人が紅茶飲んでたけど、気づいたら事務の女の子とかも紅茶を飲むようになってた。


これは、お茶の派閥が大きく躍進したと喜んでいたのもつかの間、女子に聞いたら、家では、豆のコーヒーを飲んでいるらしい、では、なぜ、社内では紅茶?
理由は、美味しくないコーヒーを飲むくらいなら紅茶の方が許せるから。


どうも、僕には理解しがたい理由だけど、女子達は、コーヒーが僕みたいに飲めない訳ではない事を知った。


この、何とも言い表せない負けた感を分かってくれる人は少ないと思うけど、是非、分かって欲しい。